iPhoneアプリによるHDR画像制作について

スマートホンアプリによってもHDR画像が簡単に作れるようになりました。その上、デジカメよりも簡単で効果が高い場合もあります。勿論、シビアな画質は望めませんが、それにしても印象的なHDR画像を簡単に作ることができるので、私も良く使っています。

iPhoneのカメラにもHDRの機能は入っていますが、基本的にはとてもお上品な設定になっていて、効いてるのか効いていないのか分かりにくいかも知れません。HDRの本来の機能としてはiPhoneのシステムは正しい訳ですがやはり物足りない。

そういった部分はアプリでやればいいわけですが、私が主に使っているのは

Pro HDR

というソフトです。これにはAndroid版もあります。アプリの説明はリンク先を参考にして頂ければよろしいかと思いますが、こちらからもご確認できます。

このタイプのアプリでは撮影前に事前に露出算出が行われ、状況に合わせた明暗の写真が2枚撮影されます。このために明暗の差が大きな場合は2枚の写真の露出も大きく異なります。

以下は自動で取り込んだ場合のアンダー側の画像です。

IMG 1270

次がオーバー側の画像

IMG 1271

これを加工した結果が下記

IMG 1272

合成の際にはコントラストや彩度なども変更出来ますので手軽にこんな画像が作れます。

有料ソフトですが、とても優秀なアプリですので皆さんも一度試してくださいね。

 


印刷   メール