コントラストや明度などで、印象的な画像を作る。

miyoshi

一眼レフで撮影された画像は基本的には過不足なくノーマルな画質になるようにチューニングされています。そこからコントラストや色調などを調整することで、望んだ画質にすることが可能です。

そのために、一眼レフで撮影された画像は低コントラスで、色調も地味目になるでしょう。

勿論、設定によって、好みの色合いに調整できるのですが、撮影時に色付けしてしまうと後の加工が難しくなります。

そこでコントラストや色合いを調整していきます。

miyoshi02

コントラスト調整

コントラストを調整してみました。もう少し桜以外の部分を暗くしたいですね。

miyoshi03

明るさ調整

この状態だと周辺部は悪くないのですが、対象となる桜が暗すぎます。そこで、桜を明るく彩度も上げた画像を別レイヤーで用意してマスクをかけ、消しゴムで桜周辺のマスクを消していきます。

miyoshi04

これで、印象的な画像が出来ました。好みによってはもう少し明るくしたほうがいいかもしれませんね。その場合は調整レイヤーで調整しましょう。

 


印刷   メール