熊本フリー写真無料写真の「キロクマ」(商用可)"

このサイトは熊本の写真を基本として、地域資産としての新しい共用写真文化の創造を目指します。すべての写真は完全無料、著作権フリーで商用利用も可能。面倒な著作権表示も不要です。(All  Photos  is copyright-free.)ダウンロードは各ページの右上ダウンロードリンクで行って下さい。(高解像度ダウンロードにはユーザ登録が必要です)更新ニュースなどはこちらのサイトを参考にしてください。안녕하세요. 구마모토의 사진이 무료입니다.

This site distributes copyright-free photos of the beautiful nature and customs of Kumamoto Prefecture in Kyushu. If you register on the site, you can download the photos at maximum resolution.

八代市(やつしろし)は、熊本県南の中心的な市で、県下第2の人口を有する田園工業都市。日本三大急流の一つである球磨川が分流して不知火海に注ぐ三角州地帯の北岸に市街地がある。江戸時代には、熊本藩主細川氏の筆頭家老松井氏の城下町として栄えた。

2005年8月1日、6市町村(八代市・八代郡鏡町・千丁町・泉村・坂本村・東陽村)が合併し、新体制でスタートした。

引用:Wikipedia

八代妙見祭
八代妙見祭
八代妙見祭(やつしろ みょうけんさい)は、八代神社の秋の例大祭であり、九州三大祭の一つである。「八代妙見祭の御幸行事」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。2011年(平成23年)3月9日指定。「山・鉾・屋台行事」の1つとして国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。2016年(平成28年)11月30日に登録が決定した。   八代妙見祭は八代地方において最大の祭礼行事で、もっとも古い祭礼の記録は相良氏が支配していた時代の記録である『八代日記』の1515年(永正12年)に記述がある。当時は下宮と中宮のあいだで神輿の神幸が行われていた。安土桃山時代に妙見宮が衰退し祭礼が途絶えた時期があったが、加藤氏支配の時代に復興が図られた。1632年(寛永9年)に八代に入った細川三斎より神輿など祭礼道具の寄進を受け、その後の領主松井氏に妙見宮の保護が引き継がれた。   引用元:Wikipedia
坂本駅
坂本駅

坂本駅(さかもとえき)は、熊本県八代市坂本町坂本松崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線の駅である。 旧・坂本村の中心地に位置する。鹿児島本線直通快速と「いさぶろう・しんぺい」が停車する。

引用元:Wikipedia

2017/02/04現在

金波楼
泉町
緒方家
緒方家

国道445号線沿いにある緒方家。壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平清経の子孫3人が緒方姓を名乗り、五家荘の3地区に住みつき支配した。その一人緒方紀四郎盛行が椎原地区を隠れ住んだとと云われています。この建物は300年ほど前に建造されたものです。合掌造りの中でも特に珍しい兜造り屋敷で2階に隠し部屋などもあり、落人伝説の一部をかいま見ることができます。こことで、茶会や琵琶での平家物語の弾き語りなどのイベントも行われています。

引用:八代市